若返り・リフトアップ

トップページ > 美容外科 > 若返り・リフトアップ > 注射・注入による治療

ご予約・お問合せはこちら

注射・注入による治療

ボトックス注入によるシワ取り

顔の表情にともなってできる「表情じわ」にはボツリヌス毒素注射が有効です。

シワに対して筋肉内にボトックスを注入します。注入直後はあまり変りませんが、注入して3日~1週間位たつと筋肉の動きがゆるみ、シワができない状態になります。動かないので少し違和感を感じたりしますが、だんだんに慣れてきます。

この状態は3~6ヶ月程度続きますが、次第に効果が切れ、またシワが出てきます。動きはじめたらまた注入するということを繰り返していくと、効果が切れた時にもシワが浅くなっていきます。

ボトックスでは顔のシワがなくなったり、脇に注入すると、汗を減少させる効果があります。

メスを入れる必要もなく、術後に全く治療したことがわからない手軽な施術ですが、効果の持続期間は6ヶ月程度(個人差があります)ですので繰り返し注入する必要があります。

良い適応部位は、

1.眉間

ここにできるたてじわは、女性にとっては不要なシワです。また怖いイメージになります。
この部位にある「皺眉筋」という筋肉の作用でしわができます。眉毛の上と眉間の部分に数か所注射します。

この部位のボトックス治療の効果は非常に良いのですが、刻み込まれた深いシワになっている方はすぐに効果が現れないことがあります。こういう方はヒアルロン酸の注射も良い適応です。

2.目じり

「からすのあしあと」と呼ばれるもので、笑うと深くなります。
「眼輪筋」の外側部分の作用でしわが生じます。特に問題となる副作用もありません。
この部分に数か所注射をするだけです。

3.おでこ

おでこにできる横じわで老けてみえます。
おでこにある「前頭筋」の作用によってしわができます。眉毛に近いところをさけて数か所皮下注射します。

その他の部位への注入

1.上口唇のしわ

上口唇全体にみられる細かい縦じわや口をすぼめる時にでるしわなどです。

「口輪筋」によってしわができます。ボトックスで、食事している時やしゃべるときのシワが目立たなくなります。

でも、ボトックスで完全に改善しない場合は、ヒアルロン酸が良い適応です。

2. あごのしわ

あごのうめぼしの種状のしわ。

「頤筋」の収縮によって皮膚がまだらに引き込まれることで生じます。

年齢に関係なく若い人でも見られます。

あごの小さい人や口を閉じるときに力が入りやすい方に多いです。

3. 口角アップ

年をとると、口角が自然に下がって不機嫌そうに見えてしまいます。これは若々しい表情の間にはない表情ですので、ふと、ショーウィンドウで自分の顔を見たときに、自分はこんなに老けてたっけ、と、自分の顔がいやになったります。口角が下がって口がへの字の状態になるのを予防してくれます。

4.鼻の横しわ、目頭のしわ

この部分のよこじわは「鼻根筋」の収縮によって生じます。眉間の縦じわと一緒で、老けて見えるしわです。

また、目頭に笑ったときにできるしわも気になるかたがいます。このしわにもボトックスが効果があります。

5.わきや手の多汗症、わきが

多汗症とは、エックリン汗腺から汗が過剰に放出される疾患であり、
頭部・手・脇に多く見られます。普通の人以上に汗をかく状態をいいます。

ワキガはアポクリン汗腺から出た汗の成分が、エクリン腺からの汗や皮脂腺から分泌された脂肪分と混じり、独特のにおいを発する物質を生成する疾患です。ボトックスを注入すると、汗の分泌を支配する神経を抑制するため、汗の量とにおいを減らすことができます。

6.エラ・小顔

顔が大きく見える原因であるエラの張ったりんかくを小顔にしたい方で、切ることに抵抗のある方に向いた方法です。

エラが張っている原因には、下顎骨によるものと、咬筋という筋肉の発達によるものがあります。咬筋の発達によりエラが張り顔が大きく見える場合は、ボトックスを咬筋に注入することで顔が小さくシャープになります。

7.ガミースマイル

笑ったとき口元の歯ぐきが見えてしまうのが困るという方で、手術はしたくない場合に良い適応です。思い切り笑えず悩んでいた方も解消します。

8.ふくらはぎ痩せ

ふくらはぎ部分の筋肉が発達していてふくらはぎが太い方に向いた治療です。ボトックスにより、筋肉が動きにくくなり、細くなっていきます。顔のしわの治療よりも効果は長くもつ傾向にありますが、やはり、何度か繰り返しの治療をしないと再発してきます。

9. 首のしわ

首の横じわもなかなか良い治療がありませんが、ボトックスがある程度効果があります。ネフェルティティーネックリフトと言って、広範囲に注入すると、たるみにも効果がでます。

ヒアルロン酸注入によるシワ取り

ボトックスとは違って、ヒアルロン酸は表情を作らない時にできているシワに対して注入し、シワを浅くします。
ヒアルロン酸はもともと体内に存在する物質で加齢と共に皮膚の中から減少します。これを注射でシワに沿って注入すると、シワができる前の状態に近づくことができます。

注射するだけなので、短時間に気軽に行うことができます。ボトックスと違い、注入直後に効果を実感できますが、治療直後にも人にばれることもありません。

ヒアルロン酸は徐々に吸収されますので、安全な物質ですが、半年から1年程度で治療を繰り返す必要があります。

最近はヒアルロン酸の製剤が非常に多様になってきており、以前ではなかなか難しかったしわやたるみの改善、美肌治療などにも用いることができます。

適応部位

ほうれい線、頬のこけた状態、マリオネットラインのしわ、たるみ 、目の下、ゴルゴ線、 くぼみ目、涙袋形成
おでこや眉間、上口唇のしわ、 鼻、あご、口唇、おでこやこめかみ、あごなどの輪郭の改善、くびのシワ、小じわの改善

ほうれい線、マリオネットラインへの注入によ り若い印象になります。

例)ほうれい線、マリオネットラインへの注入によ り若い印象になります。

ヒアルロニダーゼ

ヒアルロン酸の注入の結果が気に入らない場合、待っていればなくなりますが、すぐに修正したい場合やもとにもどしたい場合はヒアルロン酸を溶かす薬、ヒアルロニダーゼがあります。この薬で、注入したヒアルロン酸は分解されてすぐになくなります。

レディエッセ

レディエッセの主成分は歯や骨を形成するハイドロキシアパタイトです。この治療の一番良い適応部位は鼻やあごの形成になります。レディエッセはヒアルロン酸と同様に注入で使用しますが、ヒアルロン酸のように注入した後に組織内で膨らむことがほとんどないため、シャープなラインを作りたい部位の改善に非常に向いています。また、注入後の持続期間も1年から1年半ほどとヒアルロン酸より長くなり、お得な感じです。長期間効果が持続する物質ですが、最後は組織内で分解されますので、副作用の心配はほとんどありません。

PRP(自己多血小板血漿)注入による治療

自分の血液を用いる若返り治療

シワやたるみを自分の血液を利用して改善させる方法です。多血小板血漿とは、血液中の血小板を高濃度に濃縮させた液体であり、組織を修復させる作用があります。血小板には成長因子が多く含まれており、この成長因子の働きにより、コラーゲンの産生や毛細血管新生などが促され、はだの若返りを図ります。自分の血液の成分を使用しますので副作用などの問題がない安定した治療としてさまざまな分野での研究と応用が進められています。歯科医療では、インプラント治療の際に多血小板血漿注入が行われるようになり、治療結果が良好なことで注目を集めています。それを美容医療においても応用するようになって来ました。

良い適応は目周りのシワやくぼみ、広範囲なたるみなど

目の周囲の細かいシワは治療の難しい部位です。深い凹みであれはヒアルロン酸注入でボリュームアップさせることができますが、細かいシワを1度で消そうと注入すると不自然になることもあります。PRP注入は、ごく自然にしわを改善させることができます。その他の適応としては、ハリのない肌や口唇周囲のシワなどの細かい症状から、おでこのシワや広範囲のくぼみ、たるみにも注入量を調節しながら対応できます。コラーゲン線維を増やすので、シワだけでなく、肌質の改善が期待できます。

目もとの小じわやニキビ跡の凹凸、目の下のクマ、口の周りのしわ、首のしわ、手の甲のしわの改善に優れた効果を発揮します。

皮膚のコラーゲンが増加するので、肌の水分の保磁力が増え、肌理やハリが改善します。

注入から1週間ほどで、肌内部から再生がゆっくりと始まるため、見た目の違和感がなく自然です。肌の細胞自身が活性化されるため、若返り効果が持続します。

他の注入剤にはない効果が期待できます。

注意事項

  • 施術後は、多少の赤みと軽いむくみや違和感などが見られます。通常一過性ですが、ご心配な場合はお気軽にご相談ください。赤み、むくみは3日ほど、内出血が出た場合は5~10日ほどで改善します。
  • 効果がでてくるのは個人差があり、治療直後から感じる方もありますが、数ヶ月かけて徐々に感じる方もあります。