若返り・リフトアップ

トップページ > 美容外科 > 若返り・リフトアップ > 手術による治療

ご予約・お問合せはこちら

手術による治療

フェイスリフト

手術によるたるみの治療です。

メスで皮膚を切開して、たるみを引き上げます。おでこからこめかみも引き上げることができますし、一番は頬、口元、頚部にかけてのたるみの解消になります。1度に顔全部の手術をするのは大変なことですので、気になる部位を手術する、ということになります。リフト用の糸が進歩して来ているのですが、やはり糸のリフトではもとに戻ってしまうという欠点があります。もとに戻りたくない、という方はフェイスリフトが良いでしょう。

頬のフェイスリフト

耳介上部の有毛部から耳垂前面までを切開して、頬からマリオネットラインまでの皮膚を剥離し、SMAS(superficial musculo-aponeurotic systems)の引き上げまたは靭帯(リガメント)を切断し引き上げます。

顔面神経の走行に注意し損傷しないようにします。耳が変形しないように注意して縫合し、皮膚縫合は緊張がかからないように行います。

傷跡は耳に沿っているのでほぼ目立ちません。

頬のたるみは気になる方が一番多いので、この部位のリフトがフェイスリフトのメインになります。ですが、たるみがひどい場合は頬のたるみが、首のや目にも及んでしまいますので、頚部やこめかみも含めたリフトが必要になってきます。

頬のフェイスリフト

頬から頚部のフェイスリフト

頬から首にかけてのたるみがひどい場合には、頬のリフトと同じ切開を上下に広げ、耳の後面を通り生え際にかけて切開します。剥離は頬マリオネットライン、目じりの外側、頚部にかけて行い、SMAS(superficial musculo-aponeurotic systems)の引き上げまたは靭帯(リガメント)を切断し引き上げます。顔面神経に注意することや、耳垂の変形などが起こらないようにするのは同様です。頚部の脂肪が多い場合は、剥離のみでは改善しないこともあり、脂肪吸引を併用することが望ましい方もあります。

頬からの頸部のフェイスリフト

こめかみリフト

側頭部のからこめかみ部分を頭髪内または生え際で切開して、眉毛の外側から目じりの外側まで剥離し、こめかみ部分を引き上げます。ポニーテールしたような目じりの上がった目元にできます。

前額リフト

おでこの生え際または頭皮内を切開して前頭筋を除去し、皮膚を引き上げ、たるみを解消する手術です。この手術は1度すると、見た目がかなり改善するので良い手術といえます。しかし、最近は、医療製品の進歩が顕著で、ボトックスやヒアルロン酸、PRPなどのフィラー、またはリフト用の糸が多数開発されて来ました。これら薬や糸などの治療は生涯効果が持続する治療ではないですが、楽な治療になります。

ネックリフト

耳介下端から耳垂後面の耳介側頭溝を通り、生え際にかけて(リガメント)を切断し、引き上げに使用します。たるみがひどくなってくると、頬ばかりか、頚部にたるみが及びます。年齢と共に二重あごになってきますので、そういう場合にはネックリフトをすると効果があります。また、前額リフトと同様に、リフト用の糸が進歩してきているので、首のたるみやおでこのたるみは切開しなくても糸によるリフトでかなりの効果が期待できます。ただし、糸のリフトは生涯効果が継続するとは言えないですが治療を受ける方にとってはダウンタイムや痛みなどの面では良いかもしれません。