若返り・リフトアップ

トップページ > 美容外科 > 若返り・リフトアップ > 手術による治療

ご予約・お問合せはこちら

手術による治療

フェイスリフト

手術によるたるみの治療です。

メスで皮膚を切開して、たるみを引き上げます。こめかみも引き上げることができますし、一番は頬、口元、頚部にかけてのたるみの解消になります。1度に顔全部の手術をするのは大変なことですので、気になる部位を手術する、ということになります。リフト用の糸が進歩して来ているのですが、糸のリフトでは元に戻ってしまうという欠点があります。元に戻りたくない、という方はフェイスリフトが良いでしょう。

頬のフェイスリフト

耳介上部の有毛部から耳垂前面から後面までを切開して、頬からマリオネットライン、フェイスラインの皮膚を剥離し、SMAS(superficial musculo-aponeurotic systems)を引き上げます。また、頬の皮膚を支えている靭帯(リガメント)を切断し上方に引き上げます。

引き上げる方向は、ほうれい線に垂直に、そして下顎のラインに水平に引き上げます。

フェイスリフトは皮膚を引き上げる手術ではなく、皮膚の下に存在するSMASを引き上げる手術です。皮膚は、SMASの上にそっと被さっているというのが自然な引き上げ方です。

自然な方向に引き上げ、皮膚を取りすぎないようにすると、傷も目立たず自然な若返りが得られると考えています。

その他の注意点は、顔面神経の走行を考えながら損傷しないように手術を行います。耳が変形しないように皮膚を縫合することも必要です。

傷跡は時間の経過と共にほぼ目立つことがありません。

たるみの治療を受ける方は、頬のたるみが気になる方が多いので、この部位がフェイスリフトのメインな部位になります。しかし、たるみがひどい場合は頬のたるみが、首や目尻にも及んでしまいますので、頚部やこめかみも含めたリフトが必要になってきます。 目の下はミッドフェイスリフトが必要になります。

頬のフェイスリフト

フルフェイスリフト(頬、あご、目尻のフェイスリフト)

頬から首や目尻にかけてのたるみがひどい場合には、頬のリフトと同じ切開を上下に広げ、耳の後面を通り生え際にかけて切開します。剥離は頬、マリオネットライン、目尻の外側、頚部にかけて行い、SMAS(superficial musculo-aponeurotic systems)の引き上げまたは靭帯(リガメント)を切断し引き上げます。顔面神経に注意することや、耳垂の変形などが起こらないようにするのは同様です。頚部の脂肪が多い場合は、剥離のみでは改善しないこともあり、脂肪吸引を併用することが望ましい方もあります。またあごのたるみがひどい場合は、あご下を数センチ切開して、あご下を引き締めるアプローチを取ります。

頬からの頸部のフェイスリフト

ネックリフト

耳介下端から耳垂後面の耳介側頭溝を通り、生え際にかけて靭帯を切断し引き上げます。

頸部のたるみの手術の際は、さらに、あご下の正中部で正面から見えない部位を切開して、首の中央の縦皺の原因となっている脂肪や筋肉を処理します。

この部位からも頸部をリフトアップし引き締めると、あごのラインがシャープになります。四角くなったあごのフレームが卵型で尖った方向に改善します。

たるみがひどくなってくると、頬ばかりか、頚部にたるみが及びます。年齢と共に二重あごや、首の縦皺が生じてきます。

そいう場合にはネックリフトをすると効果があります。

ネックリフトもフェイスリフトと同様、糸によるリフトの効果では物足らない方には満足度が高い治療です。

こめかみリフト

頭髪内から生え際で切開してこめかみにアプロ―チします。眉毛の外側から目じりの外側まで剥離し、こめかみ部分を引き上げます。ポニーテールしたような、目じりの上がった目元にできます。目尻の皮膚を上方に引き上げることができます。

前額リフト

おでこの生え際または頭皮内を切開して前頭筋を除去し、皮膚を引き上げ、たるみを解消する手術です。この手術は、見た目がかなり改善するので良い手術と言えます。しかし、最近は、医療製品の進歩が顕著で、ボトックスやヒアルロン酸、PRP、自己脂肪などの注入術、またはリフト用の糸が多数開発されて来ました。これらの薬や糸などの治療は生涯効果が持続する治療ではないですが、楽な治療になります。

ミッドフェイスリフト

フェイスリフトでは、目の下のたるみは置いてけぼりになってしまいます。たるみがひどい方で、顔の一部分のみたるんでいるという方はありません。

目の下のたるみに関しては、睫毛縁を切開して、眼窩下縁よりさらに1センチ程度下方まで、骨膜上を剥離します。

SOOFと呼ばれる頬上方の脂肪と、それにくっついている皮膚を同時に眼窩の骨膜に固定して、頬の肉を下まぶたに向かって引きあげます。

この手術により、ほうれい線の上方が引きあがり、ゴルゴラインも改善します。

リスク・副作用・注意点
頬のフェイスリフト・フルフェイスリフト・ネックリフト・こめかみリフト・前額リフト

  • 腫れ、内出血、しびれ、血腫、傷跡などです。