若返り・リフトアップ

トップページ > 美容外科 > 若返り・リフトアップ > 糸による治療

ご予約・お問合せはこちら

糸による治療

溶ける糸によるフェイスリフト

最近は溶ける糸が非常に多様になっていて、糸を挿入するフェイスリフトが簡単にできるようになっています。

糸の形状が良くなっていることや、挿入する際の針が出血しにくい形状になっており、効果もそこそこあって、直後からばれにくい治療になっています。

Vリフト、モノスレッド

鍼治療で用いられるような大変細い針を使用して極細の吸収糸(スレッド)を皮下筋膜層に挿入し、リフトアップを図る治療です。スレッドによる支持効果や刺激で顔面の皮膚や筋肉を引き上げ皮膚の下垂を改善します。

極細針にはPCLという溶ける素材の糸を折りたたんで装着してあり、針を皮膚に挿入すると糸が皮膚内に留置される仕組みになっています。この糸は、昔から手術で頻用されている糸で、安全性は確立されています。糸は半年から1年かけて分解、吸収されますが、その間、埋められた糸の回りに生体反応によりコラーゲン生成が起こり、シワやたるみの改善ばかりでなく肌質が改善してハリや弾力のある肌になります。

治療を受けられた患者様のご感想には、小顔になった、ほうれい線が浅くなった、肌の調子が良くなった、などがあります。持続期間は個人差がありますが、半年から1年前後です。この治療は少ない本数で部分的に行うこともできますし、顔全体を1度に行うこともできますが、治療効果は本数に比例して増加します。ただ一度に多く挿入すると、腫れやむくみが出やすいのである程度にしたほうが良いようです。

Vリフト、モノスレッド

リスク・副作用・注意点

  • 治療直後には赤みや痛みが生じることがあります
  • 内出血ができた場合は1~2週間程度で消失します
  • 針の痛みや皮膚の刺激感が数日残ることがあります

メリット

  • たるみ治療のレーザーより即効性と持続性があります
  • ダウンタイムがほとんどありません
  • 麻酔クリームのみで治療ができます
  • 痛みの少ない治療です

Vリフト、モノスレッドの最近の動向

従来は極細の糸を使用するものばかりだったのですが、最近は、持ち上げ力の強いギザギザのコグのついたタイプや、コイル状に加工されたタイプの糸など様々な形状の糸が開発されています。やはりコグのついたタイプやコイル状のタイプは、従来のシンプルな糸より本数が少なくてもよくリフトアップされます。口角アップなどに用いると大変効果的です。

コグリフト・ボブリフト

メスを使用せず局所麻酔後に、特殊な棘のついた糸を皮下に通して皮膚を引き上げます。糸の成分はVリフト、モノスレッドと同様でPCLです。治療後1年前後で溶けてしまいますが、安全な物質です。治療部位は術後2-3日するとほぼ目立たなくなりますので、“時間をかけずに変わりたい、大掛かりな手術はいや”という方に適しています。

コグリフトは針の形状がカニューレタイプになってから、出血しにくい、痛みが少ない、腫れにくい、つまり人にばれないし、でも上がった感じがわかるということで、大変人気のある治療になってきています。モノスレッドと異なるのは、局所麻酔が少し必要な治療になることです。モノスレッドでは物足りなかったという方にはこちらがオススメです。

ボブリフトは、コグリフトの棘の形状を更に改良させた糸です。コグリフトの需要が高まり、糸を生産する製造元が効果の高い、治療がやりやすい糸を作るようになってきた結果です。現在は多種多様な良い医療製品が存在しています。

昔使用していた糸よりリフトアップ効果が良くなり、痛みや違和感、ダウンタイムが減少していると考えられます。

リスク・副作用・注意点

  • 内出血、違和感、腫れ、刺入部位の発赤などです。

ヒアルロン酸の注入とボトックスの注射はかなり普及しており、軽いアンチエイジング治療と思っていただけるようになってきたと思いますが、これからは、このカニューレタイプのコグリフトもヒアルロン酸と同じ位の感覚で、皆様に治療を受けていただけるのではないかと思います。

コグリフト

コグリフト