ボディー

トップページ > 美容外科 > ボディー > 乳輪・乳頭

ご予約・お問合せはこちら

乳輪・乳頭

乳頭縮小術

授乳を行うと、乳頭は大きくなり、長さも伸びて垂れ下がったりします。授乳とは関係なく人よりも大きい乳頭の方も小さくすることができます。
乳頭の平均的なサイズは高さ9mm、直径10mmといわれています。この大きさに近づけるように手術を行いますが、元の大きさがかなり大きい方は1度で理想の大きさにすることができない場合もあります。
直径を小さくする場合、乳頭を楔状に切除します。切除する部分は通常2-3ヵ所です。高さを低くする場合、乳頭の基部から襟巻状に切除します。

術後の痛みは1日で治まってきます。術後の腫れは2週間程度で治まってきます。

直径の縮小 高さの縮小 全体の縮

注意事項

  • 術後の痛みは1日で治まってきます。術後の腫れは2週間程度で治まってきます。
  • 抜糸は1週目に行います。
  • 患部をぬらさないようにであれば次の日からシャワー可能です。
  • 患部を塗らせるようになるのは1週目からです。

リスク・副作用・注意点

  • 内出血、腫れ、痛み、左右差、イメージ通りにならないなどです。