ボディー

トップページ > 美容外科 > ボディー > 豊胸

ご予約・お問合せはこちら

豊胸術

シリコンインプラント

シリコンバック挿入

筋肉と乳腺の間にある筋膜の下にスペースを作りバックを挿入する、筋膜下法で手術を行います。切開する部位は乳房下縁を用いています。傷あとを気にされる方がいらっしゃいますが、この部位は実際に治療を受けてみるとわかるのですが、術後数ヶ月すると、どこを切開したか手術した自分ですらほとんどわからなくなってしまいます。この部位から手術をするメリットは、シリコンの位置を乳房が綺麗な位置に保ちやすいこと、術後の痛みが少ないこと、出血しにくいこと、万が一シリコンを取り出したり、入れ替えたりする場合に、同じ場所から手術ができるので、傷が増えないという利点があります。当院で使用するシリコンはソフトコヒーシブシリコンで、万一破損した場合でも、内容物であるシリコンが漏出しにくい構造で、安全性の高い製品です。バックの表面にはテクスチャードという加工がされており、ザラザラした表面の形状になっています。これにより被膜の表面積が広くなるので、被膜拘縮が起こりにくくなります。表面がざらざらしたシリコンを使用すると、術後のマッサージがほぼ必要なくなります。バックの大きさを決めることは大変重要な項目ですが、当院ではご本人の希望を伺って、体格を考慮した上で決定しております。

乳腺下法 大胸筋筋膜下法 大胸筋下法

豊胸術方法

乳房の下のしわに沿って3-4cmほど切開いたします。この後、特製の棒を用いて、優しくバックを入れるポケットを作成します。無理矢理剥離を行わないようにすると、出血は極わずかとなり、術後の痛みも少なくなります。バックの挿入時には、皮膚を摩擦から守る筒を使用して挿入し、洗浄縫合いたします。この時の縫合は丁寧に行いますので、きれいに仕上がります。

シリコンバック入れ替え術、取り出し術

豊胸術をしたが、形やサイズが気に入らない、硬くなってしまった、バックの位置がおかしい、腫れてきた、急にしぼんでしまった、痛いなどの症状で現状のバストに満足できていない方には、バック入れ替え術や、もう取り出したいという方は摘出をしています。

注意事項

  • 術後の腫れや内出血はおよそ1-2週間で改善します。
  • 術後は筋肉痛のような痛みがありますが早い方で2-3日、長い方で1週間程度で治まってきます。デスクワークは術後2-3日から、体を良く動かす仕事は約1週間後から可能です。
  • 術後はバストの安静のため、専用のバストバンドを巻いて頂きます。激しい運動は1ヵ月後からになります

濃縮脂肪注入豊胸

濃縮脂肪注入豊胸

余分な脂肪を脂肪吸引で採取し、バストへ注入する方法です。この術式は異物を一切使用せず自分の組織でバストアップが得られます。自分の脂肪を利用するので、とても自然な仕上がりになります。逆に言うとシリコンを使用するのとは異なり、1度でかなりの大きさを求める方には向いていません。というのも、普通片方200-300ccずつ注入しますが、生着率が100%ではないためです。では、1度にもっと多く注入すればいいじゃないの!と思われるかもしれませんが、注入脂肪にパンパンになるほどの圧をかけて注入してしまうと、更に生着率が下がってしまいます。では、自分の組織だけで大きさを求める方は、大きくすることをあきらめなければならないのかということになりますが、最近は脂肪幹細胞を利用して、生着率の良い方法で脂肪注入を行う方法が開発されてきました。この方法では幹細胞は残したまま、不要な組織や水分を除去することができ、純度・質ともに高い濃縮脂肪の精製が可能です。このように良い状態にした脂肪細胞を移植注入してあげると、従来のただ単純に脂肪を注入するよりもかなり生着率が向上して来たと思います。

自分の組織だけで治療を受けたいという方には、以前よりも良い結果が出せるようになってきています。
乳がんの部分切除術では、シリコンバックによる再建は左右差をなくすのが難しいので、乳がんの部分切除術によって、片方の乳房が少し小さくなった、乳がんの切除部位が陥没している方などには良いかもしれません。

また、授乳後の乳房のしぼんだ方なども良い適応で、本来の張りが戻ってバストの形態が整います。

注意事項

  • 術後の腫れや内出血はおよそ1-2週間で改善します。
  • 術後は筋肉痛のような痛みが2-3日あります。デスクワークは術後2-3日から、体を良く動かす仕事は約1週間後から可能です。
  • 生着率をよくするため、バストの安静は1ヵ月ほど保って頂くのが懸命です。激しい運動は1ヵ月後からになります。

ヒアルロン酸豊胸

ヒアルロン酸を注入し手軽にバストアップが達成できます。用いるヒアルロン酸は通常のしわに使用するヒアルロン酸より粒子が大きいものを使用します。注入量は希望によって変わってきますが、だいたい目安として片方50-100cc程度で0.5-1カップ程度の増量になります。ヒアルロン酸ですので、受けた直後から効果が出ますが、徐々に体内に吸収されていきます。
「バストを大きくしたいけど、手術を受けることに抵抗がある」という方などにおすすめです。

注意事項

  • 術後に筋肉痛のような痛みがありますが、2-3日ほどで治まってきます。
  • 激しい運動は1週間はしないようにしてください。
  • 手術の翌日から入浴可能です。