目もと

トップページ > 美容外科 > 目もと > 目元形成

ご予約・お問合せはこちら

目元形成

目頭切開

目の内側にもうこヒダが張っているために目と目の間隔が離れてみえてしまいます。

またこのヒダの影響で二重のラインの形が末広型になってしまいます。このため目の横幅が小さく見え、キツイ目つきになります。

これら症状を改善するために、もうこヒダを切除する目頭切開術が有効です。この手術を行うことで、目の横幅が大きくなると同時に、目もとのバランスが良くなります。また平行型の二重ラインにこだわりのある方にも有用な手術となります。

傷あとがまぶたの辺縁に隠れやすく、非常に目立ちにくい方法で手術を行っています。シュミレーションをしっかり行いデザインして、皮下組織と眼輪筋との剥離など行い皮膚縫合していきます。傷あとは目の辺縁に隠れるため、ほとんど目立たなくなります。

約1週間後に抜糸します。腫れと内出血は術後1週間ほどで落ち着いてきます。

目頭切開

目尻切開

目頭切開をするとより目になりすぎてしまう方で、目を大きくしたい方に適した方法です。

この手術は単独で行う場合は、目頭切開より効果が少ないと感じられる可能が高いです。その場合たれ目形成や目頭切開と合わせておこなうことでさらに目を大きな印象にできます。

たれ目形成

下眼瞼下制術

つり目できつく見える目元をやさしいイメージに変える手術です。目の外側が下方に大きくなり、目じり切開と併用すると小さい目の印象を改善できます。目の外側の白目の面積が増える印象です。

たれ目形成

 

この術式は、まぶたの裏側から瞼板を下方向に引き下げますので傷は全くわかりません。

ただ、この手術は下眼瞼の睫毛縁を下方に引き下げますので、皮膚が余剰になってきます。この場合はやはり皮膚を切除すると結果が良くなります。

ボトックス注入

手術は怖いという方には、ボトックスもあります。ボトックスの注射でまぶたを閉じる筋肉の働きを部分的に弱めることができ、目の外側が下に拡大します。

涙袋形成

涙袋とは、笑った時にできる目の下のふくらみのことです。この部分がしっかりある方は、女性らしく柔らかい印象を与え、目が大きく見えます。涙袋がぷっくりしていると、目元が微笑んでいるような印象になります。この涙袋は、ヒアルロン酸を下まぶたに注入することで作ることができます。

また、目の下の小じわが気になる人にもシワを改善させる効果が期待できます。下まぶたのまつ毛のすぐ下に、ヒアルロン酸を注入してふくらみを作ります。メスを入れる必要もなく、手軽な施術ですが、比較的吸収されにくい場所で、一度入れると数か月から1年くらい長持ちします。吸収された場合、反復注入が可能です。