目もと

トップページ > 美容外科 > 目もと > 切らない二重術(埋没法)

ご予約・お問合せはこちら

切る二重術

まぶたの腫れぼったさが気になる方やたるみが気になる方、目を開ける力が弱い人、アトピーや花粉症で目をよくこする人など、埋没法では二重の形成が難しい方や、目に糸が残るのがいやな方に適した方法です。

全切開法

二重のラインにそって切開し、その方の状態に応じて解剖学上、二重の構造を作るように手術します。例えば腫れぼったさが気になる方の場合には眼窩脂肪や眼輪筋などを切除したり、また、たるみが気になる方の場合には皮膚切除を行います。
術後約1週間で抜糸し、腫れや内出血は2週間ほどで落ち着いていきます。

全切開法

微小切開法

二重のライン上に2mmほどの穴を2-3ヵ所開け、皮膚と瞼板を縫合する方法です。術後約1週間で抜糸します。糸を残さないため、埋没法を繰り返し行っている方や、糸を残さない治療を希望される方に向いています。糸は残したくないけど、埋没と同じような軽い治療が良いという方にお勧めです。術後の腫れは埋没法より目立ちますが、1週間ほどで回復します。

小切開法

埋没法ではなかなか二重のラインが出なかった方や、埋没法はいやだけど全切開法だと腫れがおさまるまでが長過ぎるという方に向いています。ただ、はれぼったい目の方はやはり全切開のほうが良いでしょう。ダウンタイムは微小切開法より長いですが、固定力は強くなります。

どの方法が自分に適しているかわかりにくいかもしれませんが、それぞれの手術の短所長所など患者様のご希望や状態など考慮し最適な方法を御提案いたします。