目もと

トップページ > 美容外科 > 目もと > 目袋

ご予約・お問合せはこちら

目袋

目袋

目袋

下まぶたがふくらんでいて、光があたると目袋が膨らんでみえるのは、眼窩脂肪という脂肪が老化により靭帯や筋肉が緩んで脂肪が前に出てきてしまうために起こります。
この目袋の治療では、皮膚を吊り上げる必要まではない方が多いので、ダウンタイムの短い経結膜脂肪除去術が良い適応です。
この方法は、まぶたの裏側(結膜側)の小さな穴から脂肪を脱脂する手術です。傷はまぶたの裏側のみなので目立ちません。そのため、下眼瞼の外反がおこりません。しかし欠点は術後かえって皮膚の小じわが増えることです。この場合は、ヒアルロン酸などの注入を行うと改善できます。
術後の腫れは数日で引いてきます。

経結膜脂肪除去術

経結膜脂肪除去術