目もと

トップページ > 美容外科 > 目もと > 下まぶたのたるみ

ご予約・お問合せはこちら

下まぶたのたるみ

下まぶたのたるみの治療

下まぶたのたるみの原因は皮膚が薄いところなので老化とともに皮膚・筋肉の張りがなくなることで生じてきます。目の奥の脂肪がゆるんで下がってきて目袋のようになります。頬の肉が垂れ下がり下まぶたの下方が凹んで目のくまができます。

たるみが軽度の場合

目袋

目袋

下まぶたがふくらんでいて、光があたると目袋が膨らんでみえるのは、眼窩脂肪という脂肪が老化により靭帯や筋肉が緩んで脂肪が前に出てきてしまうために起こります。
この目袋の治療では、皮膚を吊り上げる必要まではない方が多いので、ダウンタイムの短い経結膜脂肪除去術が良い適応です。
この方法は、まぶたの裏側(結膜側)の小さな穴から脂肪を脱脂する手術です。傷はまぶたの裏側のみなので目立ちません。そのため、下眼瞼の外反がおこりません。しかし欠点は術後かえって皮膚の小じわが増えることです。この場合は、ヒアルロン酸などの注入を行うと改善できます。
術後の腫れは数日で引いていきます。

経結膜脂肪除去術

経結膜脂肪除去術

経結膜脱脂では、皮膚を切らずに結膜を約1cmほどレーザーで切開します。ここから出っ張った脂肪を必要充分なだけ除去します。表面には全く傷ができませんし、ダウンタイムも短いです。

目のクマ

クマの原因は、目の下のくぼみに皮下の筋肉や血管などがすけて黒っぽく見えてしまうために起こります。

クマの治療はくぼみの治療になるので、手術を望まない方にとっては、ヒアルロン酸やPRPなどの注入治療が良い適応です。また、最近では溶ける目の下たるみ専用の糸がありますので、これも手術をしたくないという方には有効です。

目の下のシワ

目袋の状態や、目のくまの状態と良く合併しますが、皮膚が余剰の方も多くお見かけします。目袋+目の下のシワ、目のくま+目の下のシワ、の場合、上記の経結膜脂肪除去のみでは対応できなかったり、注入治療だけでは対応できなかったりします。こういう方で、ある程度効果が長く欲しいという場合は皮膚を切除すると、効果が高くなります。経結膜脱脂とほぼ同様で、術後数日で腫れが引いてきます。

目の下専用のリフトアップスレッド

最近は若返りのための糸が非常に発展してきて、目の下のリフト用の糸も徐々に良い製品が開発されてきました。目の下は何と言っても出血しやすいので出血してしまう針は使用したくありません。以前は、尖った鋭針での糸しかなかったのですが、やっと最近カニューレタイプの糸ができました。目の下のくぼみの治療は、ヒアルロン酸やPRPなどの注入でもある程度できますが、目袋のような飛び出た部位を引っ込める治療は手術しかありませんでした。また皮膚の余剰も、注入のみでは改善が難しい方もたくさんいます。こういう方には、目の下専用のリフトの糸で治療するのも1つの方法です。皮膚を切開しないで、少しでも改善する方向へ持って行くことができるので、手術までして治療したくないという方には、治療法の選択枝が増えたと思います。

Vリフトアップスレッド

たるみがひどくなった場合

目袋や目のくまといった状態を通りこしてしまうと、上記の方法では改善が難しくなります。また、注入治療だけ行ったりすると返って、目の下がぶよぶよした状態になってしまう人もあります。こういう場合は、適度な上記の方法のみで様子をみるか、皮膚を切開する方法、つまり下眼瞼の悪くなった構造を改善させる手術を行うかになります。

下眼瞼切開術(ハムラ法)

まつ毛の際で皮膚を切除しゆるんだ皮膚を切除してシワを引き延ばします。また周囲の眼輪筋という筋肉も引き上げて、余分な眼窩脂肪は切除し、下まぶたに張りを取り戻します。また脂肪の位置をかえて凹凸を減らすのに利用したりします。また、皮膚を切除しすぎた場合にはあっかんべの状態になるので、それを予防しながら手術を行います。

下眼瞼切開術

下眼瞼切開術

この手術は術後2週間ほどは浮腫んだ状態になりますので、ダウンタイムが大丈夫な方で、目の下がかなりたるんできている方に向いています。