目もと

トップページ > 美容外科 > 目もと > 切らない二重術(埋没法)

ご予約・お問合せはこちら

切らない二重術 埋没法 縫う二重術

皮膚を切らずに医療用ナイロンの糸を縫合することで、二重まぶたを作る方法です。まぶたの傷はほとんど目立たなくなります。
筋肉の機能に影響することがなく、後になって糸が裏から出てきたりすることはありません。
施術直後は麻酔の水分の影響で多少腫れているくらいですが、翌日になるともっと腫れてきます。その間二重の幅は広く見えますが、2~3日で大きな腫れは引き、1週間たちますとだいたいの腫れが引きます。1ヶ月くらいいたしますと術前に予定した通りの二重の幅になってきます。

切らない眼瞼下垂

埋没法の手術方法

埋没法では色々な方法が提唱されています。選択枝が沢山あるということになりますが、ではところで自分は一体どの方法が良いのだろうかと考えることにもなります。当院でもいろいろな方法の埋没法を行ってきましたが、手術を受けられる方の希望により、一番適した方法を選択しています。

当院での通糸方法:瞼板上端固定法

埋没法の通糸方法として、いわゆる瞼板法と言われるものと挙筋法と言われるものがあります。
瞼板法は固定源として強固なのですが、角膜障害を生じる可能性が高い通糸方法です。挙筋法は、固定源は弱くなりますが、角膜障害は生じにくい方法です。
この両者を改善させたのが、アネシス美容クリニック院長の水野力先生が考案された、瞼板上端固定法です。
この方法は、挙筋瞼板移行部から糸を通し、瞼板上端前面に糸がかかるようにします。
瞼板法と挙筋法両者の良い所だけを取り上げた手術方法が瞼板上端固定法です。当院では、なるべくこの方法で通糸して手術を行うことにしています。

埋没法の特徴

埋没法の良い点は、術後の腫れが切開法に比較すると断然少ないことです。しかし、良くない点は、糸で食い込みをつけるだけの手術なので、時間の経過と共に二重が取れてしまうことでしょう。
ただ逆に、二重の形が気に入らなかった時は、糸を抜去すればもとに戻すことができるということにもなります。
ただし、何度埋没法を繰り返しても元に戻ってしまう方は、埋没法では対処できないまぶたなので、切開法を受けるのが望ましいです。

埋没微小切開法

埋没法は単純に縫合して食い込みをつくるだけの手術なので、必ず経年変化で二重は浅く緩く狭くなって元に戻ってきます。腫れぼったい目元の方は埋没法では対応できないこともあります。
しかし、皮膚を切開したくないというご要望の方はいらっしゃいますので、腫れぼったい目元の方にとって通常の方法より元に戻りにくい方法が考えられて参りました。この方法も水野力先生が考案された手術方法です。

埋没微小切開法の手術方法

埋没法と同じように二重にしたいラインで縫合するための穴を作成します。ここから、腫れぼったいまぶたの原因である、眼輪筋を除去します。その後は、普通の埋没法と同様に手術を行います。
単純な埋没法と比較して、手術操作が多くなるので、術後の腫れや内出血は多くなります。
しかし、眼輪筋は二重になるのを妨げ、一重になろうとする構造物の1つですので、この操作で腫れぼったいまぶたの方でも術後に元に戻らない確率が上がってきます。

脂肪取り併用埋没法

埋没切開法と同様に針穴からアプロ―チして眼窩脂肪を取る方法です。皮膚を切開するのは抵抗があるけれど、少し脂肪も取りたいという方に適した方法です。
しかし、確実に腫れぼったい原因である脂肪をちょうどよく除去できませんし、腫れぼったい目元を完全に改善できるものではないので、まぶたの脂肪を取りたい方は皮膚を切る二重術を選択するほうが無難な場合が多いです。

切らない眼瞼下垂

二重の埋没法と似たような感じですが、まぶたが軽度下垂している方に対して行う方法です。黒目がまぶたに隠れる、眠そうに見えるなどの眼瞼下垂の症状を軽く緩和することで、目力アップを図る手術です。
皮膚を切開することに抵抗がある方や、ダウンタイムが取れない方、血液サラサラの薬を内服している方などで良い適応です。逆にしっかりとした目力アップを図りたい場合は、切開する手術が適応になります。

埋没法、埋没微小切開法、脂肪取り併用埋没法、切らない眼瞼下垂
リスク・副作用・注意点

  • 内出血、左右差、腫れ、元に戻るなどです。