目もと

トップページ > 美容外科 > 目もと > 切らない二重術(埋没法)

ご予約・お問合せはこちら

切らない二重術(埋没法)

皮膚を切らずに医療用ナイロンの糸を縫合することで、二重まぶたを作る方法です。まぶたの傷はほとんど目立たなくなります。
挙筋瞼板移行部から糸を通すため、筋肉の機能に影響することがなく、後になって糸が裏から出てきたりすることはありません。まぶたの裏側には糸を露出したままにせず、裏側の糸も埋没させるため、目を傷めることがありません。

施術直後は多少腫れて、二重の幅も広く見えますが、2~3日で大きな腫れは引き、1週間たちますとだいたいの腫れが引きます。1ヶ月くらいしますと自然な二重になってきます。

切らない眼瞼下垂

手術方法

埋没法では色々な方法が提唱されています。選択枝が沢山あるということになりますが、ではところで自分は一体どの方法が良いのだろうかと考えることにもなります。当院でもいろいろな方法の埋没法を行っていますが、手術を受けられる方の希望により、一番適した方法を選択しています。

切らない眼瞼下垂

埋没法の二重の方法で、二重のラインがハッキリでなかった方でも、切りたくないと思われる方も多いのが現状です。こういう方では、目を開ける機能が落ちていることがありますので、切らない眼瞼下垂の方法が適応になります。黒目をパッチリさせたい方にも向いていて目チカラUPが期待できます。ただ下垂があまりにもひどい方には向いていませんが、術後のダウンタイムは非常に少ない治療です。

目の施術方法

目もとの印象はその方の印象を決定するとても大きな割合を占めます。
目もとに関する手術は大きく分けると二重を代表とする“大きな瞳に”改善する手術と、加齢に伴う変化を改善する手術とに分類されます。
理想の形をお聞きした上で、その方に最も適した施術をご提案させて頂きます。

十分な診察

手術前に、理想のふたえの状態やご希望を理解させて頂くため、十分に時間をかけてお話しを伺い、ご希望を確認しております。

痛みやダウンタイムをできる限り軽く

点眼麻酔と極細の針による注射での局所麻酔を行います。また痛みに敏感な方には塗る麻酔のご用意もあります。また術後の腫れを軽減させるよう、細心の注意を払っています。

美しい自然な仕上がり

当院の一番のこだわりは、いわゆる“整形顔”にしない、自然に美しくなって頂くことです。
でも確かな効果が出る手術を行わなければと努めています。
患者様に安心頂ける治療を心がけています。