目もと

トップページ > 美容外科 > 目もと > 上瞼のたるみ

ご予約・お問合せはこちら

上まぶたのたるみ取り

上まぶたのたるみ

上まぶたの皮膚がたるむと皮膚が垂れ下がって黒目にかぶさるため、前方が見づらくなります。

たるみが軽度の場合

1、上まぶた切らないたるみ取り

二重のラインで二重手術の際に行うシミュレーションのようにブジーをあてて、仮の二重を作成してみたとき、たるみが解消し楽になる方や、一重まぶたのために皮膚が垂れ下がっている人に対しては、切らないたるみ取りが適応になります。

埋没法による二重の手術

リスク・副作用・注意点

  • 内出血、左右差、腫れ、元に戻るなどです。

たるみがひどくなった場合

2、眉下切開・眉毛下皮膚切除術・上眼瞼リフト

切らないたるみ取りではたるみが解消しない方、眉毛と目の間が長い方、まぶたは厚ぼったく膨らんでいてたるみがある方、二重になりたくない方、大きな変化を望んでいない方、まだまだ適応はあると思いますが、これらの方は眉下切開の良い適応です。

上眼瞼リフト

リスク・副作用・注意点

  • 内出血、左右差、腫れ、傷跡などです。

3、ブローリフト・眉上切開・眉上皮膚切除術

眉毛と目の間が狭い方はブローリフトという方法もあります。しかし、切開した傷が目立ちやすい部位なので、私はこの方法が最適だという特殊な症例で行うようにしています。例えば、顔面神経麻痺の方などで行っています。

ブローリフト

リスク・副作用・注意点

  • 内出血、左右差、腫れ、傷跡などです。

4、眉下切開+切らないたるみ取り

たるみがひどい方で二重にもなりたい場合は、二重のラインで二重形成しながら、皮膚切除を行うのが良いのですが、腫れが長引くのが嫌と言う方も多いです。

ダウンタイムを少しでも短くするには、眉下切開と、切らないたるみ取りを組み合わせた方法が良い適応です。

リスク・副作用・注意点

  • 内出血、左右差、腫れ、元に戻る、傷跡などです。

5、上まぶたたるみ取り・皮膚切除・脂肪処理・眼瞼下垂

ダウンタイムは大丈夫で、きちんとした手術を受けたいという方は、二重のラインで切開し、たるんだ皮膚を切除する方法が良いです。

たるんだ皮膚の中に存在する眼窩脂肪や筋肉、そして隔膜前脂肪などを処理し、更に眼瞼下垂の症状がある場合も多いので、眼瞼挙筋腱膜の処理も行う方法です。

術後はしばらく腫れますが、落ち着いた後に、きれいな目になった状態を見ると、満足度は高くなります。

リスク・副作用・注意点

  • 内出血、左右差、腫れ、傷跡、イメージ通りにならないなどです。

眉下切開の手術方法

眉毛の生え際に沿って上瞼の皮膚を切除します。幅は10mmぐらい切除できますので、皮膚のたるみを取る方法として効果が高い治療です。
抜糸は1週間後に行います。この傷痕は3か月ほどで目立たなくなりますが、メイクをすれば抜糸後からそれほど目立ちません。腫れは1~2週間程度あります。

眉下切開は手術した、という感じがなく、自然な感じで大幅なたるみを解消できるという利点があるのですが、見た目の大きな変化を望んでいた方には物足らないこともあります。この場合は、切らないたるみ取り埋没法を併用すると大きなたるみも取れて二重にもなります。

またもともと二重まぶたでパッチリしていたのに、皮膚がたるんで狭い奥二重になった場合に二重の幅も広げることができます。また、一重まぶたから二重まぶたに変わりたくない方にもこの方法は良い適応です。

ブローリフト

眉毛の上でたるんだ皮膚を切除し眉毛を持ち上げます。

まゆ毛を持ち上げるとそれにつながる上まぶたの皮膚も持ち上がってきますので、まぶたのたるみが減ります。

前述のように、眉毛と目との距離が狭い方のたるみ治療に向いています。

ブローリフト

くぼみ目

くぼみ目の改善

前述の手術まではしたくないけど、上眼瞼の老けた感じを改善したい、という方は多いです。その中でも、くぼんだ状態の方には注入も治療法の1つになるかと思います。

年齢とともに目の周りのお肉が落ち、上まぶたがくぼみ、陰ができてしまい老けた印象になってしまいます。夕方になって疲れてくるとさらに目が落ちくぼんでやつれたようになり、10歳以上老けて見られるという方も結構いらっしゃいます。

気軽に治療したい方の場合、くぼみ目が目立たないようにヒアルロン酸やPRPを注入し、まぶたをふっくらさせます。
上まぶたに注入を行うと、目が重たくなるのではないか、と思われがちですが、適応を間違えなければ二重がはっきりし、若々しい目元になります。人から「疲れてるの?」と言われなくなります。

メスを入れる必要もなく、手軽な治療ですが、1年程度(個人差があります)で吸収されるので繰り返し注入する必要があります

繰り返す治療ではなく、半永久的な効果のある治療を望まれる方の場合、上まぶたのたるみ取りで脂肪を処理する際に、くぼみ目を改善するように操作することができます。この方法でもくぼみが改善できない場合は、脂肪移植という方法があります。

リスク・副作用・注意点

  • 内出血、左右差、腫れ、イメージ通りにならないなどです。

内出血について

ヒアルロン酸、ボトックス、PRPなどの注射による治療をする際のリスクは、注射後の内出血です。
注射後の内出血は全ての人に生じるわけではありませんが1度生じてしまうと消えるまで1-2週間程度かかることがあります。しかし、なるべく内出血を生じないようにするために、丁寧に治療することを心がけています。

内出血が生じても、治療当日からメイクをすることができますので、コンシーラーで隠すことが可能です。治療当日は長風呂や、サウナ、激しい運動、過度な飲酒、注射した部位のマッサージをしないようにしてください。