鼻

トップページ > 美容外科 >  > 鼻中隔延長術

ご予約・お問合せはこちら

鼻中隔延長術

鼻中隔延長術

生まれつき鼻先が上を向いている、いわゆるブタ鼻を下向きに治したい方に行う方法です。鼻柱が上にあがっているので下げたい方にも良い適応があります。鼻の穴が正面から見えている人は、この手術により鼻の穴が見えにくくなります。鼻の真ん中が長く見えると、美人顔になります。

鼻が上を向いている原因は鼻中隔軟骨の長さが短いためなので、鼻中隔延長術は鼻の真ん中の鼻柱に軟骨を移植して延長し、鼻を長く下向きにします。

 

鼻中隔延長術

鼻中隔延長術|方法

鼻中隔延長術|方法

鼻中隔軟骨は、鼻の中に親指と人差し指をいれてはさむと奥のほうで指と指の間に触れます。この鼻中隔に軟骨を移植し長くします。

鼻中隔延長に使用する軟骨は耳から取ってきます。耳の裏側の皮膚を切開して、耳の軟骨の一部分を採取しますが耳が変形することはありません。

鼻柱を切開し鼻翼軟骨を展開すると鼻中隔軟骨が出てきます。これを移植軟骨が縫合できる範囲剥離して、移植軟骨を縫合し延長します。軟骨を縫合する際には、術後の経過と共に鼻が曲がらないように、しっかりと移植軟骨を鼻中隔軟骨に縫合します。鼻柱の傷あとはほとんど目立ちません。

鼻中隔に採取した軟骨を延長するように移植します。

鼻中隔延長術|方法

鼻の穴が見える人でも、この方法により見えにくくなり、鼻のバランスをきれいに整えることが可能な手術であると思います。

鼻中隔延長によって、鼻翼の幅が狭く見えるようになったり、また鼻尖の向きを変えられるため、鼻翼の形態や鼻尖の形態が同時に気になる人は鼻中隔延長を行うほうが良いかもしれません。