鼻

トップページ > 美容外科 >  > わし鼻形成・鼻骨骨切り術

ご予約・お問合せはこちら

わし鼻形成・鼻骨骨切り術

わし鼻や鼻すじが太く、鼻を小さくしたい、鼻すじを細くしたいという場合にはわし鼻部分を削り、必要によっては鼻骨骨切り術を行います。

わし鼻部分を削るには、鼻中隔軟骨の屋根の部分を切除します。場合によっては、鼻背軟骨も切除し、鼻骨の屋根部分を切除します。段差をなくすように削る操作もします。

これだけでは、鼻すじが太く見えるので、鼻骨の横部分を骨切りして、中央に寄せて細くします。

鼻骨骨切りは、鼻すじの余分な骨を削り幅を狭くすることによって、大きな鼻を小さくする治療です。

鼻骨の左右を切って中央に寄せると、鼻の横幅が細くなりすっきりします。

鼻骨骨切りの傷は、鼻の穴の中から行うので目立ちません。

術後は一週間ほど鼻筋を固定する必要があります。

わし鼻の方は、鼻先が下がっていることが多いので、鼻先を上げる手術である、鼻尖形成術を同時に行うことがほとんどです。