美容皮膚科

トップページ > 美容皮膚科 > ほくろ

ご予約・お問合せはこちら

ほくろ

色素性母斑のことをいわゆる「ホクロ」といいます。平坦なものからドーム状に盛り上がったものまであり、色も肌色から茶色、黒色までさまざまです。
大きさが大きくなると悪性との鑑別も必要なことがあります。

ほくろの治療

ホクロの治療方法は、レーザーか切除縫合になります。隆起したほくろは、切除か炭酸ガスレーザーで削るかであり、平坦な色だけのほくろは、しみと同様に色のみに反応させるためにQスイッチレーザーの照射も治療の選択枝の1つになります。ほくろの大きさや数、場所などによって、治療方法に影響しますので、それぞれのほくろを診察した上で、患者様にとってどの治療方法が良いか考えています。

切除は怖いと思っている方もいらっしゃるかと思いますが、大きく盛り上がったほくろや部位によってはレーザー治療より返って綺麗に仕上がることもあります。他の利点としては、1度の治療でほくろがなくなるということです。

切りたくない、という方、または切除しないほうが綺麗に治るほくろの場合は炭酸ガスレーザーの治療になります。このレーザーの治療では1度ではなくならない場合もあり、時間が経つと再発することもがありますが、また治療を行えばなくなっていきます。平坦なほくろの場合、できるだけ目立たずに治したいという方には、Qスイッチレーザーが適しています。1ヵ月ごとに繰り返しが必要ですが、ダウンタイムが一番少ない治療です。